車を売るタイミングはいつがおすすめなのだろうか?

自動車はいつ売っても同じ金額、なんて思っている方はいませんか。

 

それは誤りです。

 

自動車はタイミングによって売却金額がコロコロと変わってくるのです。

 

こちらでは自動車が高額で売れるタイミングについて詳しく解説しますね。

 

現状で自動車を売りたいと考えている方は必見ですよ。

 

 

■売りたい時が売り時である

 

・すぐに売ると高額査定になりやすい

 

自動車の買取査定の中で特に大きな存在になるのが「年式」です。

 

例えば、2008年式の自動車と、2012年式の自動車があるとします。

 

どちらのほうが高く買い取りされるかは明らかですよね。

 

新しいほうが高値がつくのです。

 

自動車は消耗品、といった事実もあります。

 

古いものは故障しがちとなってしまい、メンテナンス費用もかなりかかってしまいます。

 

一方で、新しいタイプはまだまだ消耗しておらず、安心して乗れるのです。

 

自動車を売るタイミングとしては、「少しでも早く」といったものがあります。

 

古くなってしまうと、売りどきを逃した事にもなります。

 

売りたいと思っても、なかなか行動を起こさないでいると色々と問題が出てきてしまうものです。

 

最低限の知識として、売却は少しでも早く、といったことは覚えておきましょう。

 

 

■車種によっても売るタイミングに差が出てくる

 

・春先に高額査定になりやすい車種

 

軽自動車やコンパクトカーがとくに人気となっており、高額査定に繋がりやすいです。

 

理由としては新入社員があります。

 

学校を卒業して仕事をするにあたり、自動車を購入するケースが多いのです。

 

ただ、いきなり新車を購入することもできないですし、初めての自動車ともなるのでなるべく小さくて操作性のあるものを選ぶわけです。

 

だからこそ軽自動車やコンパクトカーに白羽の矢が刺さります。

 

 

・夏先の高額査定になりやすい車種

 

オープンカーや4WDがあります。

 

夏はアウトドアの季節でもあります。

 

アウトドアに行く時に利用するような自動車の取引量が増えるので、高額査定に実際になりやすいわけです。

 

ただ、最近では、オープンカーの需要もかなり下がっているので注意してください。

 

 

■車検前に売るべき

 

・車検を通すとマイナスが多い

 

確かに、車検の残りが短いと査定が低くなることもあります。

 

しかし、買取業者の中には自社で車検を通しているところもあります。

 

そういった業者であれば、車検を低価格でできるので、それほど買取額を引き下げてこないことが多いのです。

 

車検を通してしまうと、かなりのお金が飛んでしまうこともあるので、車検前に売却することも前向きに検討しましょう。