廃車同然の車でも買取してくれるところってありますか?

事故にあってしまったり、かなり古くなってしまった自動車のことを廃車同然といいますが、処分するのはお金もかかることもあるので乗り気ではないですよね。

 

なんとか現金化出来ないか、と思うわけです。

 

こちらでは廃車同然の自動車を持っている方に向けて、「売却できるか」をテーマにお話させてもらいます。

 

 

■廃車同然の事故車であったとしても売れる!

 

・海外に販売ルートを持っているか

 

買取業者の中には、国内にしか販売ルートがない業者もあれば、海外にも販売ルートがある業者も少なからずあるのです。

 

海外に販売ルートを持っている業者であれば、廃車同然であったとしても売れます。

 

事故でボディに大きな損傷がでていたり、内部の重要な部分に問題が起きている場合は、修理して販売する、といったことはあまり現実的ではありません。

 

しかし、自動車の部品が生きていることはありますよね。

 

その部品を海外の業者に販売する、といったことが出来るのです。

 

海外では日本車の人気も高いです。

 

しかも、その部品で自動車を組み立てて販売しているとこもあるんですよ。

 

自動車としてはお金がつかなくなってしまった事故車であったとしても、部品に値段がついて、結果的に、廃車処分ではなく買い取りしてもらえたケースはいくらでもあるのです。

 

 

■年式が古くなれば価格がつかない、と言うのはウソ!

 

・年式が10年落ちでも買取価格が付く

 

ちょっとした自動車買取の常識として、10年以上年式が古くなると売れない、といったイメージが有りますよね。

 

買取価格がつかないと思われているのです。

 

しかし、実際に10年以上古かったとしても、自動車に買取価格がつく例はいくらでもあるのです。

 

年式が10年古かったとしても、走行距離が50,000キロ未満であれば10万円程度の買取価格になった例もあります。

 

必ずしも年式だけで、買取価格のすべてが決まってしまうわけではありません。

 

その点を理解した上で、まずは試しに、といった気分で査定を受けてください。

 

思ったよりも高額査定になるかもしれませんよ。

 

 

■廃車同然の車を売りやすくする方法

 

・普段の置き場所に注意すること

 

雨で自動車が濡れてしまうとサビや部品にも問題が出てくることがあります。

 

そういった状態にしないためにも、車庫に入れておいたりシートを掛けるといった最低限の管理は実行してくださいね。

 

 

・事故車であれば早急に売ること

 

事故車で時間が立っていると値段が殆どつかなくなる恐れもあります。

 

事故起こし、修理しても乗らないと判断したら、すぐに売却を依頼してくださいね。