車は下取りに出すより買取査定の方が高値がつくって本当?

本当です。

 

下取りのほうがお得に感じることもあるかもしれませんが、しっかりとした売却先を利用すれば、実際に買取のほうが得になるのです。

 

こちらでは、まずは買取と下取りの違いについて解説します。

 

その上で、なぜ買取査定のほうが高値がつきやすいのか、といったことをお話させてもらいますね。

 

 

■買取と下取りのそれぞれの特徴とは?

 

・車の買取サービス

 

買取査定金額に納得したら売却することになります。

 

売却金額は現金で振り込まれることになるので、そのお金を自由に使えるわけです。

 

新しい自動車の頭金にするも良し、生活資金として使うのも問題ありません。

 

 

・車の下取りサービス

 

同じ業者に自動車を売り、更に自動車を購入することになります。

 

下取査定額については、新しい自動車からマイナスされることになります。

 

お金が手に入るわけではありません。

 

さらに、その業者にある自動車の中に欲しいものがなければ、下取りサービスは有効に活用できない、といったマイナスポイントは忘れないで下さいね。

 

本末転倒ではありますが、ほしい車がその業者にはなかったけど仕方ないので消去法で決めた、といった例もあるほどです。

 

 

■なぜ買取査定の方が下取りよりも高値になるのか?

 

・一括査定サービスが利用できる

 

複数の業者に対して、同時に査定申込みが出来るのです。

 

高く買い取りしてくれるだろう業者も発見しやすくなります。

 

価格比較といったものが出来るのも、大きなポイントの一つになりますよ。

 

一方の下取りサービスについては、一括査定が出来るわけではありません。

 

出来るとしたら、一つ一つの業者を回って、下取り査定を受けることくらいです。

 

時間もかかってしまうので、あまり現実的な方法とはいえません。

 

ちなみに車買取の一括査定サービスですが、非常に便利な機能であるにもかかわらず費用がかかりません。

 

利用もとっても簡単で、実際に多くの方が活用しているのです。

 

車買取を考えているなら、ぜひ一括査定サービスを利用してくださいね。

 

 

■下取りの問題点について

 

・常套句に注意しよう

 

「特別に5万円高く下取りします。」といった殺し文句があります。

 

しかし、それは元々そのくらいの査定金額は出せていたのに、わざと言っていなかったケースが多いのです。

 

中古車販売業者にとって、下取りサービスの利用は大きなビジネスにもなります。

 

在庫の確保にもつながりますし、売上も上がるわけです。

 

だからこそ、あの手この手で利用してもらおうとしてくるので注意しましょう。