車買取額が0円でも業者にお願いした方が良いのだろうか?

答えになりますが、仮に査定額が0円と判定された自動車であったとしても、買取専門業者にお願いしたほうが良いケースが少なくありません。

 

車の買取査定額が0円だった場合には、廃車を考えるわけですよね。

 

しかし、廃車をするにしても費用がかかるわけです。

 

自分で廃車にすることもできませんし、カーディーラーや解体業者、さらに中古車販売センターに委託して廃車にしてもらうのです。

 

その時に一定料金が発生します。

 

では、なぜ査定額が0円なのに、中古車買取専門業者にお願いしたほうが良いのでしょうか。

 

 

■買取専門業者の査定の目の付け所は違う

 

・ディーラー
・中古車販売店

 

これらの買取サービスを行っているところは、自動車を買い取りして売ることを考えています。

 

故障しているのであれば、直して売却しようとするわけです。

 

例えば、不動車・水没車などは、そのままでは動きません。

 

大幅に修理しなければいけないのです。

 

その修理の手間賃を考えると、利益が出ないので、買取査定額が「0円」となってしまうのです。

 

その自動車をなるべくそのままで販売する、といったビジネスモデルを構築しているのでしかたがないことでもあります。

 

 

・買取専門業者は違う!

 

買取専門業者は、修理して販売する、といったことを考えていないわけではありません。

 

しかし、動かないのであれば生きている部品だけ再利用しよう、といった考え方があるのです。

 

簡単に言ってしまえば、故障しているものを査定するのではなく、生きているパーツなどを査定して金額を出す、といった考え方があるのです。

 

特に東南アジアでは、日本車の部品などが人気となっています。

 

実際に、パーツビジネスはそれなりの規模を誇っているので、業者としても積極的に取り組んでいます。

 

しかも、自動車として海外に輸出するときには関税がたくさんかかってしまいますが、パーツとして輸出する場合にはそれほどかかりません。

 

最近では、そのままで動く車を解体して、わざわざ現地で組み立てて関税を節約しているところもあるほどです。

 

このように1箇所の査定額が「0円」だからといって、すべての業者が0円なわけではない、といったことを理解しましょう。

 

 

■中古車買取専門店に買取を依頼すると解体費用はかかるのか

 

・解体費用もかからない

 

自動車からパーツを取り出す費用も業者側の負担となるので、心配する必要は全くありませんよ。

 

買取金額がもらえて、余計な費用がかからないのも、買取専門業者を利用するメリットなのです。