ディーゼル規制があってもディーゼル車は売れるのか?

最近ではあまり見かけなくなってしまった自動車のタイプに、ディーゼル車があります。

 

排気ガス的なものの影響を考えて、国や地方自治体で規制を受けてしまっているのです。

 

走行できない地域もあり、なかなか国内での普及が難しい現状となっています。

 

では、ディーゼル車の売却は出来ないのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

ディーゼル車を持っており、売却を考えている方は必見ですよ。

 

 

■売れないことはないが・・・

 

・価格は下がってしまう

 

ディーゼル車は規制の影響でかなり利用しにくいです。

 

売却が絶対にできないわけではありませんが、価格についてはあまり期待できない状況となっています。

 

価格にそれほどこだわらないのであれば、売却すること自体は難しくない、といった認識で間違いありません。

 

 

・地域によっては売れやすいこともある

 

地方自治体のディーゼル規制に関しては、

 

東京都
埼玉県
千葉県
神奈川県
兵庫県

 

が条例で定めています。

 

それらの地域で売却するのはかなり難しいです。

 

一方で、それらの地域以外では、気兼ねなく利用できる、といったこともあるので売りやすいです。

 

主に関東では売りにくく、その他の地域はまだまだ売却ができる可能性がありますよ。

 

 

■少しでも高くディーゼル車を買い取って貰う方法はないのか?

 

・海外に販売ルートがある買取業者を利用すべき

 

国内ではディーゼル車の人気はありません。

 

しかし、海外は全く異なるのです。

 

特にヨーロッパではかなり取引されており、しかも、日本のディーゼル車が人気となっています。

 

たしかに、ディーゼル車が走ると、窒素酸化物と粒子状物質が出てします。

 

その影響で大気が汚染される、といったことがあるのですが、ディーゼル車にも素晴らしいメリットが隠れているのです。

 

ガソリン車よりも燃費が良い
二酸化炭素の排出量が少ない

 

見方によっては、ディーゼル車のほうが環境に良い可能性があります。

 

ヨーロッパでは特にそのメリットに目を向けており、高額買取りされている例も少なくありません。

 

ちなみに国内メーカーのディーゼル車は、特に性能が良いと海外では人気が高いのです。

 

だからこそ、海外に販売ルートを持っている買取業者にディーゼル車を持ち込みましょう。

 

国内にしか販売ルートを持っていない業者に持ち込むよりも、格段に良い結果が得られますよ。

 

 

■ディーゼル車と走行距離の関係性

 

・消耗しにくいディーゼル車

 

一般的な自動車に比べ、走行距離による価格ダウンが少ないのがディーゼル車です。

 

エンジン性能も良いので、走行距離が長かったとしても高額買取りされるケースが多くなりますよ。