ディーラー営業マンから聞いた裏話を一挙公開

ディーラーの営業マンは自動車に関する情報を沢山持っているわけです。

 

査定に関する情報も有るので、チェックするのには大きな意味がありますよ。

 

こちらでは、ディーラー営業マンから聞いた裏話を幾つか掲載します。

 

 

■自動車を下取りに出してしまうとマイナスになることもある

 

・廃車手数料がかかってしまうことも

 

ディーラー営業マンも知っていながら下取りを進めなければいけない、といった苦しい状態もあるわけです。

 

これは実際にあった話ですが、買取店で査定を受ければ25万程度になるとディーラーは分かっているのです。

 

しかし、下取りサービスの利用をお願いして、価値がないので0円というだけではなく、廃車手数料がかかるので、といったことになってしまうこともあったそうですよ。

 

 

・そもそも下取りは時代遅れである

 

ディーラーとしても、その車種はすでに在庫がいっぱいであることもあります。

 

また、その車種は売れ過ぎではないので下取りしても、あまり意味が無い、なんてこともあります。

 

しかし、新しい自動車を買ってもらうために堅持している時代遅れなシステムでもあるのです。

 

今度は、自分の車を必要なところに売却するべきです。

 

その手助けをしてくれるのが、一括査定サービスなんですよ。

 

 

■社長と相談してきます。。。これ嘘です。

 

・社長と相談しているふりをして、休んでいるかも

 

よく自動車を購入するときや、売却するときにディーラー営業マンが一時的に席を外す事があります。

 

その時に「社長と金額を相談してきます。」なんて言ってくるのです。

 

これを真に受けていませんか。

 

実は本当ではないことが多いんですよ。

 

単に一服していることもありますし、どうやってこちらを説得しようが戦術を練っているのです。

 

もちろん、相手もビジネスですから、値段交渉であれこれ考えてくるのは当たり前です。

 

「社長と相談してきます。」と言ってきて、実際にこちらに有利な金額を示しても、実は最初から織り込み済みの金額である可能性が極めて高いです。

 

交渉はあまりしつこくやってはいけませんが、もう一声狙ってみる事も考えるべきかもしれません。

 

 

■事故車を見逃したことがあるディーラーが多い!

 

・見抜けない査定士が増えている

 

実は、最近の事故車の修理の質が極めて高まっているのです。

 

ディーラーではしっかりと調査して、事故車であるかを見抜こうとしているのですが、結果的に見抜けなかったケースが続出しているのです。

 

ただ、「事故を起こしていますか?」なんて聞かれてウソをつくのはダメです。

 

正直に答えてくださいね。