ディーラー下取りと車買取どちらが得か|下取りと買取の違い

 

自動車を手放す時には、“下取り”と“買取”のどちらかを利用することになります。

 

下取りと買取のどちらがお得なのか、という事について考察します。

 

ただ、下取りと買取について詳しく知っていない方もいるので、まずは簡単にそれぞれを解説します。

 

 

 

■自動車買取とは

 

自動車買取業者に、自動車を売却することを指しています。

 

売却金額は手元に入ってきます。

 

また、自動車買取業者の中には中古車販売店を経営しているわけではなく、

 

買い取り業務だけ行っているところもあります。

 

 

 

■自動車下取りとは

 

ディーラーや中古車販売店などで取り扱っています。

 

自動車を新しく購入するのと同時に、いままで利用していた自動車を手放すことになります。

 

自動車の下取り金額が、新しく購入する自動車の購入金額からマイナスされます。

 

購入する自動車の価格が100万円で、下取りしてもらう自動車の価値が20万円とされたら、

 

差し引き80万円の支払いになります。

 

 

 

■買取と下取りの違い

 

・現金の受け取りの有無

 

自動車買い取りサービスの場合は、買取金額分現金を受け取ることができます。

 

査定金額が25万円なら、25万円を現金で受け取ったり、銀行振り込みなどで受け取ったりとできます。

 

下取りサービスは、一般的に下取りしてもらう自動車よりも新しく購入する自動車のほうが

 

安くなる可能性はほとんどありません。

 

現金を受け取ることはできないのです。

 

 

・利用店舗の違い

 

買取の場合は、自動車買取専門店や中古車販売店、さらにディーラーなど様々なところを利用できます。

 

下取りサービスは、ディーラーや中古車販売店になります。

 

下取りサービスは、自動車を販売しているところでなければ利用できないので、対応可能業者に制限があります。

 

 

 

■下取りと買取のどちらがお得か

 

 

・現金受け取りについて

 

現金が手元に入ってくる事を考えれば、買い取りサービスを利用した方がお得になります。

 

下取りの場合は、現金が手元に入ってこないので、自動車を売ったお金で旅行に行くようなことはできません。

 

 

・交渉について

 

交渉のしやすさでいえば、下取りサービスを利用した方がお得になります。

 

その業者で、自動車を買う事になるので、下取り価格だけではなく購入価格の交渉までできるわけです。

 

 

・総合的には買取がお得

 

買取専門業者の出現で、下取りサービスと同等の査定を買取でもしてもらえるようになりました。

 

さらに、下取り業者を利用する場合には、その業者に欲しい自動車がなければいけません。

 

ない場合には下取り自体が利用できないといったマイナスもあるので、

 

買い取りを利用した方がお得と判断させてもらいます。