査定額アップ法|価格アップ交渉のコツとは?

自動車の買取査定額をアップさせるためには、交渉術も大いに関わってきます。

 

ちょっとしたことを知っておけば、有利に交渉を進めることができます。

 

こちらでは交渉するときに、どんなことを考えて実践すればよいのか、といったことについて詳しく解説します。

 

自動車をそろそろ売却しよう、と思っていた方は必見ですよ。

 

 

■値段をふっかけないこと

 

・適正な価格交渉をしなければならない

 

査定額が50万円であるのに、100万円を求めてしまってはいけません。

 

業者側が交渉の余地がない、と判断してしまうかもしれないのです。

 

諦められてしまっては、どんな交渉をしたって無駄に終わってしまうことになります。

 

一つの目安になるのが、「20万円利益理論」です。

 

買取業者、1台あたり20万円の利益を見込んで査定しています。

 

ですから、50万円の査定額を出したら、70万円程度での売却を狙っているわけです。

 

あなたの自動車は70万円の価値がある、といったことになりますよね。

 

もちろん、だからといって70万円で査定してもらえるわけがありません。

 

そんなことになったら、買取業者の利益はなくなってしまうわけですから、

 

そこで、上記の場合は60万円や65万円で交渉をスタートするのです。

 

60万円や65万円で手をうってくれることはありません。

 

「じゃあ、55万円ではどうですか?」といったような提案を待つわけです。

 

仮に55万円であったとしても、当初より5万円も高く売却できたことになりますよね。

 

これは大幅なプラスです。

 

 

■複数の業者の見積もりを取ること

 

・他社の見積額で査定額をつり上げること

 

査定額交渉をするためには、交渉材料といったものを持っておく必要があります。

 

交渉材料がなければ、交渉をこちらの有利にできません。

 

査定額交渉で役に立つ材料は、他社の査定額です。

 

「○○さんなら、55万円でした。」なんてそれとなく伝えておくわけです。

 

その自動車が欲しければ、必ず他社よりも査定額を引き上げてくるはずです。

 

出張査定であれば、わざわざ時間をかけてきているわけです。

 

手ぶらで帰るわけにはいきません。

 

多少のアップを掲示してくれる可能性もあります。

 

他社の見積額に関しては、やはりたくさんの査定を受けることが必須になります。

 

しかし、手間もかかりますよね。

 

そんな時は一括査定サービスです。

 

一括査定サービスを利用すれば、1度にたくさんお業者の査定を受けられるのです。

 

8社や10社の査定を受けることも可能ですよ。