車買取で失敗しない方法|高く買取してもらうために必要な事

 

車買い取りで失敗してしまう方が多いです。

 

失敗ですが、具体的にいえば“安く買い叩かれてしまう”という事です。

 

こちらでは、少しでも高く買取してもらうために必要な事をお話します。

 

実行すること自体、特に難しい事ではありませんので参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

■1社の査定だけでは判断しない事

 

・少なくても3社以上の査定を受ける事

 

車買い取り業者は数多くありますが、1社の査定を受けただけで即決してしまわないでください。

 

実は、これが最も失敗の多いテーマになります。確かに、複数の業者の査定を受けるのは非常に手間がっかります。

 

しかし、業者によって買取価格が10万円や20万円違ったという事もあるのです。

 

選んだ1社が買い取り金額を高く設定してくれるなら良いのですが、そんなに甘いものではありません。

 

 

出来れば3社から5社の見積もりは取るようにしましょう。

 

最近では、インターネット上でも簡単な査定を依頼することができます。

 

情報のみで査定を行うシステムになりますが、自分の自動車の売却相場を知ることにつながるので必ず利用してください。

 

ネット上の審査も完全無料で利用可能です。

 

※ネットの審査を受けると、しばらく営業をされる可能性があります。

 

利用を考えていない時は、利用をしっかりと断れば、営業はストップしますよ。

 

 

 

■壊れた部分を直してしまう

 

・逆効果になる

 

ボディに大きな傷があると、もちろん査定ではマイナス査定になります。

 

ボディを直せば、その分のマイナス査定がなくなるので、売却前に直してしまおう、と考える方もいますが、かえって損します。

 

 

買取業者自らが直して、中古車として販売するケースもあります。

 

その場合は、基本的に材料費しかかかりませんので、傷がある場合とない状態の査定差が少なくなるのです。

 

一方で、自分で自動車工場に直してもらうと、材料費だけでなく人件費もとられてしまいます。

 

修理にかかった費用が必ずしもプラス査定されるわけではありません。

 

実際に、自動車のボディを治すのに20万円かかったのに、査定的なプラスは50,000円ほどだった、という例もあります。

 

 

 

■特殊な自動車は特殊な買取店を利用すること

 

・外車を売りたい方

 

例としてお話しますが外車を持っている方が、国産車を主に取り扱っている買取店に売却したらどうなるでしょうか。

 

お客さんも国産車を目当てに買いに来る方がほとんどなので、購入される可能性が低いです。

 

業者もそれは分かっているので、買取価格を引き下げる傾向にあります。

 

一方で、外車を専門で取り扱っている買取業者の場合は、お客さんも外国車を求めて来店します。

 

売却できる可能性が高いので、しっかりとした値段で買い取ってくれますよね。

 

最近では、軽自動車専門買取店なども出てきましたので、専門的な買取業者の査定も受けてみましょう。