ネットで思ったより高い査定が出たとき、その査定額は適正か

 

車を売ろうとおもったとき、少しでも高く売りたいとは誰もが思うことです。

 

そこで最もいい方法は、中古車一括査定サイトで簡易査定をうけ、複数の業者から査定を受けることです。

 

しかし、このとき一つ問題が起きます。

 

 

例えば「あまり高く売れることはないだろう・・・」とあまり期待せずに一括査定を受けてみたところ、想像以上に高い査定が出たときです。

 

素直に「こんなに高く売れるなんて嬉しい!」と思えるならばなんら問題は無いのですが、

 

「えっ、なんでこんなに高いんだ。こんなに高く売れるはずがないだろう。ネットの査定は頼りないな・・・」と否定的に見てしまうのは問題です。

 

たしかに小さな傷がある、小さな凹みがある、タイヤが古い、などの理由で自信が無かったにもかかわらず、例えば100〜130万円の査定額が出たとしましょう。

 

確かにびっくりするかもしれませんが、その査定額はおよそ正しいものだと信じてかまいません。

 

査定における最重要事項は年式と走行距離です。

 

たしかに車の色やキズ、汚れも程度によっては問題視されますが、多くの場合には問題ないとされるからです。

 

したがって、ネット査定で100〜130万の査定額が提示されたときには、ほとんど信じてかまいません。

 

しかしながら、130万円で買取ってもらえる事は無く、高くても120万円で買取ってもらえると思うようにしましょう。

 

130万という額は、他の業者と査定額に差をつけて期待感を持たせ、実際の査定へとこぎつけるための計画であることが多いのです。

 

したがって高い査定額を提示されたときには、その通りで買い取られるのではなく、いくらか下がった価格で買取られることが多いということです。

 

 

 

また、消耗品を交換することやタイヤを新品に交換することによって査定額に影響が出るかどうかということですが、これは意外かもしれませんが基本的にはほとんど査定に影響する事はありません。

 

査定に影響するのは上記の通り年式と走行距離を最重要として、それに続いてグレード、装備、事故歴、大きなキズによって決まります。

 

小さなキズはほとんど査定に影響する事はありません。

 

 

また、消耗品の交換にて査定があがるかどうかですが、基本的にはほとんど変わりません。

 

極端に言うと、タイヤを新品に交換して査定にいっても、基本的には1円も変わりません。

 

基本的には、車種、グレード、年式、色、走行距離、ついている装備(ナビやサンルーフ、車によりプラスになる項目は変わります)、事故暦の有無、内外装のキズで金額は決まります。

 

また、細かいキズであれば、年式にもよりますが、査定額はほとんど変わりません。

 

要はその車を他のお客さんへ販売する際に、直す必要があるかないかで、減額度は変わります