愛車を手放すタイミングと時期|売りたくなった時が売り時?

自動車は生活に密着したものになりますね。

 

中にはかなり愛着を持っている自動車も多いでしょう。

 

まさに“愛車”と呼べる自動車を利用している方も多いはずです。

 

その愛車を手放すタイミングについてお話します。

 

どんな時に自動車を買い替えようと思うのか、どんな時期が自動車を売るのに適しているのか、といった事について詳しく解説します。

 

 

 

 

■欲しい車が出てきた時

 

中には2年や3年という短いスパンで、自動車を乗り換えている方もいます。

 

欲しい自動車が出てきた時点で買い替えている方もかなりいるのです。

 

特に自動車が趣味という方は、欲しい自動車が出てきた時にいままで運転していた車を手放しているケースが多いです。

 

 

 

 

■自動車の価値が高い時期

 

・年式が新しいうちに売却する

 

自動車の価値は年式が握っていると言っても過言ではありません。

 

必ずしもではありませんが、自動車の売却価格は、年式が8年ほど経ってしまえば無くなります。

 

前記したような2年や3年で乗り換えている方は、まだまだ価値がある状態で手放しているので高い金額で売れているはずです。

 

 

売却価格が高ければ、新しい自動車を購入する資金にも余裕が出てきます。

 

中には10年など長く乗る方もいますが、欲しい車が出てきた時にいま乗っている自動車の価値が高い状態であれば、

 

手放すタイミングと言って良いでしょう。

 

 

 

 

■走行距離が50,000キロ未満

 

年式以外にも自動車の査定価格に大きく反映されるのが、“走行距離”になります。

 

特に、50,000キロがボーダーラインといわれており、超えてしまうと価格が大幅にダウンします。

 

一方で50,000キロ未満であれば、まだまだ価値があるとされ手放すタイミングとなります。

 

 

・故障が出る確率が関わっている

 

50,000キロが大きな基準になっているわけですが、自動車は機械なのでいつかは必ず壊れます。

 

その基準になるのが50,000キロです。50,000キロを超えると故障する確率がアップするので、

 

業者では50,000キロ未満の自動車を積極的に買取しているのです。

 

 

 

 

■決算期を狙う

 

・3月と9月に売却する

 

中古車販売店でも時期が来れば決算を行います。

 

決算期前は、成果を上げたいので買取強化を行う例が非常に多いです。

 

3月と9月に決算期を迎える業者が多いので、その時期を狙って愛車を手放すのもおすすめです。

 

実際に決算時期だからという理由だけで、買取査定額を20,000円や30,000円もプラスしてくれる例もあるほどです。

 

売りたいと思った時期が3月や9月だったら、早急に検討しましょう。