車を売るときは下取りよりも買取のほうがお得?

新車に買い替えよう、あるいは中古車に買い替えよう、そのために現在乗っている車は売却しようと考えたときには、2種類の方法から選ばなければなりません。

 

つまり「下取り」にするか、それとも「買取」にするかということです。

 

しかしながら、このふたつには一体どのような違いがあるのか、果たしてどちらがお得なのか、それが分からない人もいるでしょう。

 

これを知っておくとよりお得に売却する事ができるので、この違いを把握しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

○下取り
下取りとは新車を購入する際、現在乗っている車をディーラーに引き取ってもらうことによって、 買取価格を新車の購入代金に充当する事をいいます。

 

下取りのメリットは、買取ではあまり価値が無いと判断されてしまうような古い車や人気の無い車であっても、ある程度の価格で買取ってもらう事が出来るという事です。

 

そして車の引渡しは新車の納車のときに行うので、代車の必要はなく、乗りなれた車を納車まで乗り続けることが出来るという点です。

 

 

○買取
買取とは、中古車買取専門業者に車を査定してもらい、買いとってもらうことです。

 

メリットとしては社外パーツの査定額が評価されやすい事、下取りよりも査定額の判断基準が細かい事が多く、高値で買取られる事も多いということです。

 

 

 

したがって、下取りと買取では果たしてどちらがお得なのかを考えるときには何を持ってとくと判断するのかということを考えなければなりません。

 

例えば出来るだけ高く売りたいと思っているならば、一般的に高い額で売ることができる買取のほうがお得になります。

 

しかし下取りキャンペーンと称してメーカーから補助が出る場合などはこの限りではありません。

 

その場合には好条件で下取りしてもらうことが出来るでしょう。

 

損か得かを手放すタイミングで判断するならば、買取店を利用した場合にはすぐに手放す必要があるので、損であるといえます。

 

下取りであれば納車まで待ってもらい、納車と同時に引き渡す事となります。

 

人気の車種で納車までに時間がかかる場合などには注意が必要となります。

 

売却の手間を重視するならば下取りのほうが言いといえます。

 

下取りでは全てディーラーの営業マンに一任する事ができます。

 

しかし買取であれば査定から売却まで全てに対応する必要があります。

 

このように、売却を行う個人が何を重視するかによって、下取りと買取のどちらが得かを判断する事ができるのです。