車買取に必要なものや書類を把握しておこう

車買取のためには準備すべきものがいくつかあります。

 

買い取り前には前提として査定を受けることになりますが、査定の段階では自動車検査証自賠責保険証が必要となります。

 

 

自動車検査証とは、いわゆる車検証のことです。

 

これは国が定めた基準をクリアした車である事を証明する書類であるため、業者はこれを参考にして査定する車の情報を詳しく知る事となります。

 

自賠責保険証は自動車を運転する人は全て加入する事を義務付けられている、自賠責保険に加入している事を証明する書類です。

 

以上の2点の書類を提出しなければ査定を受けることはできません。

 

この書類は普段はダッシュボードの中に入れているという人がほとんどでしょう。

 

何かの折に急に提示を求められる事もあるため、車に乗せておくものです。

 

したがって誰でも持っており特に準備が必要な書類ではありません。

 

 

さて、査定の結果納得のいく額を提示してもらい、売却を決めたときには、また別の書類が必要になります。

 

必要書類は普通車を売るときと軽自動車を売るときとでは異なるので注意が必要です。

 

普通自動車の場合には、現住所と氏名が記載された車検証、1ヶ月以内に発行された印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座のメモ、預託済みの場合にはリサイクル券などが必要となります。

 

もし車検証と印鑑登録証明書の住所や氏名が違う場合には別の書類も必要になり、住所変更が一度だけ行われていた場合には住民票が必要、さらに複数回行っていた場合には戸籍の附票もしくは住民票の除票が必要となります。

 

結婚などで姓が変わっている場合には戸籍謄本の提出が求められます。

 

またその他の書類として、譲渡証明書と委任状が店舗で作成されます。

 

 

軽自動車の場合には、現住所と氏名が記載された車検証、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書、印鑑(認印でもよい)、振込口座のメモ、預託済みの場合にはリサイクル券が必要となります。

 

そして店舗では自動車検査証記入申請書が作成されます。

 

このときに住所変更があった場合や氏名が変わっているときなどの対応は、普通車のときに解説したのとどうようの準備が必要となります。

 

 

このほか、備手帳や取扱説明書、スペアキー、取り外した純正品などを用意しておくとプラス査定になるので、これらもできるだけ準備すると良いでしょう。

 

もし上記の書類のなかで紛失したものがあれば、各手続きは簡単に行う事ができるので、再発行手続きを行いましょう。