車買取のメリット・デメリットを把握し、デメリットは回避を

愛車を売る際には、買取専門業者に査定依頼を出すことが勧められます。

 

しかし、買取業者によって買取価格は様々であり、1社の買取業者に依頼するのでは適正な価格で売却できない可能性も大きいため、複数の業者から査定を取ることが高額売却のポイントです。

 

ここに、車買取のメリットとデメリットが見え隠れします。

 

ここではそのメリットとデメリットを的確に把握し、自分が愛車を売る時にはできるだけ良い条件で売却できるようになりましょう。

 

 

 

○メリット
一般的に、買取専門業者はディーラーなどよりも高く買い取ってくれるケースが多く、これこそが買取専門業者に依頼することの最大のメリットです。

 

特に、買取業者の中には独自の海外輸出ルートを持っている業者も存在し、そのような業者に依頼すると海外で人気の高い車が高く売れることがあります。

 

たとえば、4WD車などは国内よりも海外で人気が高いので、このような車種を売却する時には海外への輸出ルートを持っている業者を積極的に検討することで高く売れる可能性が高くなります。

 

このような業者でなくとも、中古車の買取専門業者は特別なオークション(古物商の許可を持っている人だけが参加可能)で買収した中古車を売却するなどの独自の販売ルートを持っています。

 

このことから、ディーラーよりも高く買い取ってくれるケースが多いのです。

 

 

 

○デメリット
買取専門業者に売却する際のデメリットはあまりないのですが、強いて挙げるならば業者間で査定が異なるため、知識のない人はそれが適正な価格か判断できずに、相場よりも安い値段で売ってしまうことがあるということです。

 

これは、業者によって販売ルートが違うことや、得意とする車種が違うこと、そしてその時にその車をほしいと思っているかどうかなどによって査定価格は違ってきます。

 

したがって、本来は30万円で売れる車が、その業者のニーズには沿わないために20万円でしか売れなかったということも十分に起こりえるのです。

 

このデメリットを回避するためには、冒頭でも述べたように、業者に査定依頼を出す時には、単一の業者ではなく複数業者に査定依頼を出すことが大切です。

 

こうすることによって、適正でない価格を提示してくる業者は避けることができます。

 

直接買取業者を尋ねて査定を依頼して回るのは大変骨の折れる作業ですが、インターネットの一括査定見積もりサイトを利用すれば、複数社の見積もりを一斉に取ることができる為、大変便利です。