車買取査定と下取り査定の大きな違い

愛車を手放す際には、ただ廃車にするのではなく、売却することを考えるでしょう。

 

そのときに大切なのは査定額です。

 

売却の方法としては下取りと買取とがあり、この2つの方法に同じようなイメージを持っている人も多いかと思います。

 

しかし、これらの違いを正しく把握して正しく使い分けることによって、より有利に売却を進めることができるのです。

 

下取りとは、車を買い替える際に、売却価格を購入代金の一部として充当することです。

 

そして買取とは、車を買い替えるかどうかにかかわらず、買取専門業者に車を売却することを言います。

 

これによって車をどのように売却するかという視点からの違いが分かったことと思います。

 

さらに大切なもう一つの違いは、査定額にあります。

 

査定額がどのように違うのかと言えば、まず下取り価格ですが、下取りの価格は業界内で定められているということが挙げられます。

 

車種、年式、走行距離、グレードなどの条件によって、大凡の下取り価格を決定し、その価格を査定結果として提示してきます。

 

このため、複数のディーラーで見積もりを行ったとしても、価格に差が現れることはほとんどありません。

 

どこのディーラーもおなじ基準で見立てて査定額を算出しています。

 

一方買取専門業者に依頼をした場合には、全く違う結果となります。

 

これは買取業者の査定の方法の基本には需要と供給の関係が据えられているという特徴に起因するものです。

 

例えば、中古車情報誌を見てみると、結構古い車が非常に高値で取引されているのを見かけることがあります。

 

これは、古い車であるものの、未だに高い需要が有るためです。

 

つまり、業者が高値で買取をしたとしても、それ以上の販売価格で売ることができる見込みが十分にあるからなのです。

 

このように、転売先の意向を酌んだうえで買取を行うことから、買取業者は全く違った査定基準になるのです。

 

また、同じ買取専門業者であっても、それぞれ特化して取り扱っている車種や、現在ニーズの高まっている車種によって査定額が大きく変わることがあります。

 

たとえば、外車専門の買取業者に国産車を査定依頼するよりも、国産車専門の買取業者に査定依頼をした方が高く売れる可能性は高いということです。

 

以上をまとめると、特別な事情がない限り、多くの場合は下取りよりも買取によって売却したほうが、高額で売却できる可能性が高いということです。

 

今までは下取りしか経験したことがなかった人も、買取業者に依頼することを視野に入れることで何かとお得になることと思います。