中古車買取業者の歴史と買取に関する基礎知識

ここでは、車買取の基礎知識について解説していきたいと思います。

 

前提として、中古車業界の変遷を見ておくとよいでしょう。

 

情報技術の進歩や売却形態の変化によって今でこそ「一括査定サイトで査定してもらい、買取専門店に売却する」という形態が広まりつつありますが、このような形になるまでには、中古車業界は様々な変化を経験しています。

 

中古車の取引が始まったのは1970年代であり、当時は業者間でオークション形式で行われていました。

 

1980年代から中古車売却ルートが徐々に確立され、1990年前後には中古車買取専門店が登場します。

 

中古し買取専門店では買い取った車をすぐ業者のみのオークションで売却しています。

 

流通経路が整えられたことによって中古車買取業者はどんどん成長していき、チェーン展開を始める店舗も出てきました。

 

さて、次に根本の問題として、車買取とは何なのかと言うことを考えてみたいと思います。

 

車買取とは、車の所有者が買い替えや車を手放すこと検討した時に、車を買取専門店や中古車販売店に売却することです。

 

この時の買取価格は、売却する車を査定することによって得られます。

 

査定の際には車の状態はもちろん見られますが、それ以外にも人気の変動なども考慮して決定することになります。

 

よく疑問としてあげられるのが下取りとの違いです。

 

下取りというのは、新車に買い替える時に、現在乗っている車をディーラーに売却し、その売却価格を購入代金の一部に充当するというものです。

 

下取りは新車から売却価格を値引いた値段で買うようなものであり、したがって売却したことで現金が得られるというものではありません。

 

さて、車買取の際には査定員による査定が行われます。

 

評価のポイントとしては、車種、年式、走行距離、事故歴、修理歴といった車の基本情報に加え、車全体を見ながら汚れや傷をチェックし、酷い部分は減点対象となります。

 

このほか、部品の消耗具合、内装の汚れ具合や臭いなどもチェックの対象となります。

 

査定は依頼すれば、出張してでも査定に来てくれる業者も少なくないほど、どの業者も査定に必死です。

 

というのも、車査定が買取業者にとっては商品を仕入れられるかどうかという大切なビジネスになるからです。

 

売る側としても査定額の多寡は非常に重要であるため、できるだけ多くの業者に査定してもらうことが大切です。

 

かつては複数業者に依頼するためには自らいくつもの販売店に車を持ち込んで査定依頼をしなければならず、非常に骨が折れたものです。

 

しかし最近ではインターネット上に一括査定サイトがあり、このサイトを利用することで複数業者から無料で簡単に見積もりを取ることができるようになりました。