中古車買取相場とは|どのような基準で決められているの?

自動車を売却する時に気になるのが、買取の相場です。

 

中古車買い取り相場とはどのように決まっているのでしょうか。

 

こちらで詳しく解説します。

 

買取相場がどのように決まっているのかを知ることで、自分の自動車がどのくらいの金額で売れるのかを知るきっかけにもなるかもしれませんよ。

 

 

 

■業者オークションの売買価格が基準になる

 

中古車販売業者が参加しているオークションがあります。

 

そちらで売買された金額が、中古車の買取相場の基準になります。

 

ちなみに、そのオークションは業者しか参加できず、一般の方は利用できません。

 

 

・オークションなのでいつでも同じ金額が相場とは限らない

 

オークションなので、時期によっても金額は大きく変動します。

 

たとえば、同じ車種が大量にオークションに出てくることがあれば、入札が分散するので値段は下がりますよね。

 

一方で、販売業者が強化したい車種が重なってしまう事があれば、入札が集中して一気に金額が跳ね上がるわけです。

 

期待するのはあまりおすすめできませんが、売る時期を遅らせることで、前回の査定時よりも高額査定を受けられる可能性もあるのです。

 

※年式が古くなると自動車の価値は下がるので、売る時期を遅らせると通常は査定金額が下がります。

 

 

・業者以外が参加できる自動車オークションあり

 

相場とは少し関係ありませんが、一般の方が参加できる自動車オークションも実際にあるのです。

 

ちなみに個人間の取引になるので、業者に売却するよりも高値になるケースも多く報告されています。

 

 

 

 

■インターネットの“中古車買取・査定相場一覧表”をチェック

 

中古車買取相場は、基本的に業者以外では知ることができません。

 

しかし、最近では、中古車買取・査定相場一覧表というコンテンツを持っているホームページもインターネット上に出現しました。

 

 

年式と走行距離ごとにどのくらいの価格で買取されているのかを調べることができるのです。

 

自分の持っている自動車の年式とそう行こう距離が分かれば、ある程度の相場がチェックできます。

 

実際に売りに行く時にその金額を頭に入れておけば、買いたたかれる事を防ぐのも可能です。

 

 【ホンダ フィットの買取相場例】
  ・年式:2008年・走行距離:65,000キロ・・・46万2,000円
  ・年式:2011年・走行距離:30,000キロ・・・76万円

 

以上のような相場が把握できます。

 

もちろん、買取業者により査定価格には差がありますが、一度は目を通しておくべきです。