クロス売買とV字売買の違い、そしてどちらがよいか

自動車売却の方法には、クロス売買とV字売買という2つの仕組みがあります。これらの2つを把握しましょう。

 

○クロス売買
クロス売買とは、株式投資を経験したことがある人ならば聞いたことがある言葉であると思います。

 

意味合いとしては株式投資の際に用いられるものと変わりません。

 

図示したときに、やり取りの矢印がクロスするように図示されることから、クロス売買という単語を用います。

 

より具体的に言うならば、例えば新車を購入した販売店でその車を下取りしてもらうというような取引形態のことを言います。

 

つまり、現在乗車している車を購入した販売店を窓口として車の買い替えを行い、その際にはその販売店に窓口になってもらい下取りしてもらうという方法です。

 

かつての自動車売却では、ほとんどの場合このクロス売買が行われていました。

 

ところが1990年代になると、車を売却するのはディーラーへの下取りだけではなく、買取が生まれました。

 

車の買取を専門に行う中古車買取店が生まれ、売る側からすれば販売店に下取りに出すか、
買取店に買い取ってもらうかという2種類の方法から選べるようになったのです。

 

 

 

○V字売買
車買取の取引では、取引の方向を矢印で図示するとV字型になるため、V字売買と呼ばれています。

 

具体的な流れとしてはまず販売店で車を買い、乗り換えや車を手放すことを考えた時には買取店へ売却するという形態です。

 

かつては下取りが主流の時代でしたが、現在では着実に買取店の需要が高まっています。

 

これは下取りに出すよりも買取に出す方が高い査定結果となることが多いからであり、最近では一旦買取業者に売却して現金を手にしたうえで、買い替えを行うという消費者が非常に増えています。

 

この他に中古車を売却する方法としては、個人売買やインターネットオークションでの売却が考えられます。

 

しかし、特にオークションなどではそのほかの商品に比べて非常に効果であることや、譲渡するのに公的手続きが必要であり、取引の安全性の面では困難が伴い、手間がかかることが難点です。

 

したがって、下取りや買取よりもやや高く売れる可能性が少なくないものの、
結局はその差額に見合わない苦労をすることも多いため、まだまだ定着しにくいと言えるでしょう。

 

これからも下取りという売却形態が衰え、買取と言う形態が主要な流れになってくることは容易に想像がつきます。

 

この流れに乗らずに下取りに固執すると損をすることも多くなるので、買取も視野に入れた取引を心がけるとよいでしょう。