車買取で走行距離の多いマイカーでも安心して売却できるか

大切に乗ってきたマイカーを手放すのは寂しい思いのするものです。

 

とくに走行距離の伸びている車なら、それだけ愛着もわいているでしょうし手入れも丹念にやってきたことでしょう。

 

どんなに走った感じがよかったとしても、中古車の査定においは走行距離が非常に重視されます。

 

どれぐらいが走行距離が多いかというのは一概には言えませんが、一般的に50,000qが一つの目安としていわれています。

 

その次が100,000kmというのが業界の常識です。

 

走行距離についてはこのような点からも通常は50,000km以内で売却してしまうのが賢明な方法といえます。

 

素人の車についての会話でも年式とともに話題に上るのが走行距離です。

 

もう10万キロを超えて走っているよ。

 

購入してまだ3年だけど1万キロも走ってない。

 

などという話の中でおおよそのその車のコンディションをイメージします。

 

中古車買取業者にとっては査定対象となっている車を時間を掛けて実際に走行して車の状態を判断するわけにもいきませんから、とりわけ走行距離によって査定価格をはじき出すのです。

 

走行距離がいくら多くない方がいいといっても、極端に少なすぎるのも中古車買取業者の査定を厳しくさせていまいます。

 

車には年間標準走行距離と呼ばれる走る目安がありますが、普通車なら一年間で1万q、軽自動車なら8千qくらいです。

 

出勤や街乗り、休日のお出かけなどでマイカーを使っているとその程度は走行距離を稼ぐだろうという判断基準になります。

 

もし、年式に比べて走行距離が少ないとなると、購入してからあまり乗っていないのでかえってエンジンや足回りなどに動作不良が生じるリスクが高まります。

 

どんなに大切にしたいからといっても車をほとんど走らせることがなければ硬い状態のまま時間が経過していくため不具合が起こりやすいのです。

 

とはいっても通勤で長距離往復が必要なドライバーと休日のみの日曜ドライバーとでは愛車の走行距離が必然的に大きな差が出るのは仕方がないことではあります。

 

仮に、よく乗っていて走行距離が伸びているマイカーであっても、こまめに手入れを続けてきているのなら大幅に査定がダウンすることはまずあり得ません。

 

走行距離はもちろん査定基準の要ですが、それだけではないともいえます。

 

もし中古車売却を念頭に置いてこれから乗ろうとするのなら、愛車をかわいがって乗ってやることが何より有利な査定につながります。