車買取で付いていると査定額が上がるオプション

車買取業者にマイカーを持ち込む場合、オプションがついているかどうかで査定価格がどうかわるのでしょうか。

 

とくに車好きであれば愛車をさらに快適に乗りやすくするためにたくさんのオプションを集めてきたと思います。

 

こうしたオプションもまとめて売却できるのかどうかも気になるポイントです。

 

オプションをどう査定するかは中古車買取業者にとってもなかなか判断が難しい問題のようです。

 

通常ならオプションは車と合わせて高く査定されることが多いようです。

 

とくに社外品のオプションは高額で取引される場合もあり、オプションパーツ専門の市場があるので中古車買取業者はそうしたオークション市場で利益を上げることも近年増加しています。

 

オプションといってもピンキリではありますが、品質が高く性能のよいパーツなら中古車を一体として査定価格に反映されるようです。

 

一方で、かつては純正品のオプションパーツのほうが信頼性が高いということで優先的に買取が行われている時期もあったようです。

 

こうした以前の考え方のもと査定を続けている買取業者であれば社外品よりも純正品のオプションのほうが好まれるというケースもあります。

 

さらに、純正品のオプションより社外品のものがあまり査定額がよくならないのにはオプションのデザインや機能が個人の趣味に依存していることが多いからです。

 

とくに内装やオーディオ関係は車好きからすればつぎ込めばつぎ込むほど楽しさが倍増するアイテムといえます。

 

しかし、派手すぎる内装や必要以上のスピーカーやアンプが一般的にどれぐらいのニーズがあるかといわれると微妙なところではないでしょうか。

 

ディーラーに近い中古車買取業者ほど社外品のオプションパーツ買取に乗り気でない場合が多くあるようです。

 

広く人気が高く純正品でも社外品でも査定価格が有利に判断されやすいオプションというとやはりカーナビでしょう。

 

標準装備されている車も多いほど運転になくてはならない存在になりつつあるカーナビは、今後も高く査定される可能性の高いオプションの筆頭に挙げられます。

 

人気の高いカーナビ機種であれば予想外に高く売却できる可能性があります。

 

もし、マイカーの売却をしようとするときは社外品のオプションはいったん外して純正品に戻しておく方が査定を有利に受けやすいといわれています。

 

オプション無しの場合とオプションありの二つの状態で査定価格を出してもらうのもよいでしょう。