愛車の売却で大切な年式・色による車買取査定額の違いを知ろう

5年を超えて長く乗っているようなマイカーを手放そうとするときには走行距離を気にしがちですが、短期間で乗り換えるパターンほど年式や色によって査定額が大きく響いてきます。

 

中古車の査定価格には中古車市場において全国的な相場がある程度まとまっているため、どのように好条件で売却した場合でも最高レベル以上に査定してもらえることはまずあり得ません。

 

最高査定価格という相場を満点として車種や年式、走行距離などからどんどん減点されて実際の査定価格が決定するイメージです。

 

車種については市場で人気の高いものほど査定価格に高く反映されます。

 

中古車売却においては何より車種が大きくものを言います。

 

最高な状態の査定価格から査定額が増減する要因を作っていくのが年式や色です。

 

たとえば人気の車種であっても1年目と3年目の中古車では大きく査定が変わってくるのは当然ですし、

 

人気車種ほどマイナーチェンジも頻繁に行われますので、1年も経たないうちに今から手放そうとする愛車の査定かっか卯がぐんと下がってしまっていることだってよくあります。

 

そして意外に盲点なのが色です。

 

ボディーカラーに何を選ぶかは個人の嗜好や趣味によって大きく異なるため売ろうとする本人自身はマイカーの色の価値が判断しづらいものです。

 

車と言えば赤しか考えられない、という人にとってはノーマルなホワイトやシルバーといったボディーカラーが地味に感じるでしょうし、

 

オレンジやグリーン、パープルなどの派手目の色にずっと乗っている場合もそうでしょう。

 

実際に街で走っている車を眺めていると、多くがホワイトやシルバー、黒という落ち着いた色でまとまっていることがわかります。

 

これはそのまま中古車買取市場での人気度の目安にもなるものです。

 

人気車種であってもボディーカラーの違いによっては数万円から10万円単位で査定価格に差が開くこともあります。

 

車種や年式、走行距離といった条件がよくても、カラーによって思ったよりも査定価格が伸びないということだってあり得るのです。

 

このように車種や走行距離に加えて年式や色によって査定が左右されるのが中古車買取市場とつきあう際のポイントです。

 

年式や色の違いでどのぐらいの差が開くのだろう。

 

そういった観点からも、買い取り店を回ったりネットの一括査定サイトを通じて複数の見積のもと比較する大切さが生まれてきます。