車買取の査定で車検やちょっとした傷は気にするべき?

車を手放す前には愛車が中古車としてどの程度の価値があるのか気になるものです。

 

次に買い換える車が決まっていることが大半なので下取りで少しでも購入資金に充てようと思うのが人間というものでしょう。

 

年式や車種、走行距離から事故歴といったさまざまな査定の項目を気にするのはとても大切なことです。

 

それでは車検や小さな傷といったところまで注意して査定前に手を掛けておくべきなのでしょうか?

 

車検が残っているかどうかという話。

 

実際に中古車を売りたいと考えているユーザーの間ではよく耳にします。

 

自分が個人として車検前ギリギリの中古車を譲り渡されたときのことをイメージしてついナーバスになってしまうのだと思います。

 

実際問題で言えば、中古車買取業者にとっては車検前でも直後でもそれほど査定に影響はないものです。

 

維持費の中でも結構な割合が掛かってくる車検費用なのにどうして中古車買取業者はそれほど気にしないのでしょうか。

 

もちろん車検に通す手間を考えれば、車検前のものよりは車検直後の中古車を持ち込まれた方がよりより査定になりやすいのは事実です。

 

しかし車検費用ほどの査定額アップにはつながりません。

 

というのも、中古車買取業と車検の世界では同業といってよく、一般よりも安いコストで車検に回せる方法があるからです。

 

もし車検があってもなかっても、ボディやエンジンまわりをはじめとするコンディションが大きく損なわれている中古車であれば修繕や整備が必要なのでそうしたコストに違いは生まれません。

 

一方、ユーザーの側からしても査定前に洗車やワックスをしたり、室内やトランクルームを掃除するぐらいはいいとしてもわざわざ査定額アップのために車検に出すのでは余計なコストが発生してしまっていくら査定金額がそれなりによかったとしても、吹っ飛んでしまいかねないからです。

 

こうした背景からいえば、外見の小さな傷や室内のしつこい汚れなども同じことがいえます。

 

車のプロからすれば小さな傷のケアなどは朝飯前ですし、素人がホームセンターなどで一般向けの傷かくしを使ってキレイにしたとしてもその分だけ査定価格に反映される可能性はほとんどないといえます。

 

車検や小さな傷をことさら指摘して査定額を相場よりも低くしようという業者でもなければ、まずこうした点で査定価格を目に見える金額で左右させるようなことはないでしょう。