業者によって査定額が数十万円も差が開くのはどうして!?

マイカーをどの中古車買取業者に持ち込むかで手にするお金が大きくちがいます。

 

全国的に査定基準が統一されているディーラーなら、新車を購入するときに下取りに出す場合、どのお店でも大きな差はないものです。

 

しかし、多彩な形態がある中古車買取業者に査定してもらったら、数十万円もの価格差があったということもよく聞きます。

 

まず、中古車買取業者によって扱いやすい車というのがあります。

 

たとえば高級輸入車を専門に中古車取り引きをしているお店なら国産車のルートはほとんど開けていないかもしれません。

 

一方、国産車のなかでもトヨタに強い、ホンダに強いといった特色を持つ買取業者に持ち込めばその分、査定価格の基準が厳しくなったりゆるくなったりします。

 

とくに、中古車を買い取りした後、そのまま自社で在庫として抱えるだけでなく、在庫状況や市場のニーズによって他社に売却することもよくあります。

 

このとき、特定の車種に強みのある販路を持っている業者なら多少高くても積極的に買い取りしてもらえるケースも多くなるでしょう。

 

最近は軽自動車人気がますます強まっているため、軽自動車をメインとした買取を続けている業者もあるように、セダンならセダン、軽なら軽といったように得意とする車種というのがあるのです。

 

たとえば、ある車種を積極的に取り引きしている買取業者なら、自然と査定で車を見る目が厳しくなります。

 

毎日、同じ車種を取り扱っているわけなので通常の車以上に細かな部分まで査定してくることがイメージできます。

 

一方、もし自分が持ち込んだ車を普段扱い慣れていない買取業者だとしたらどうでしょうか。

 

査定ポイントもよくわからないかもしれませんので、とりあえず安く引き取って様子を見ることが考えられます。

 

もし買取をしても自社で売り切る自信がなかったり、他社や市場に出すルートが思い浮かばなければ在庫として抱えたくはないからです。

 

もしかすると買取を渋ったり他社に行って欲しいと頼まれるかもしれません。

 

こうした愛車に不案内な買取業者に無理に引き取ってもらおうとするとかなり安く買い叩かれることは目に見えています。

 

そうなるぐらいなら中古車売却の鉄則であるいくつかの買取業者に査定をしてもらうという原則に戻って他に当たってみるほうがよいでしょう。

 

ここまで極端ではないにせよ、それぞれの中古車買取業者によって得意、不得意があるためそうしたポイントの積み重ねがやがて大きな査定価格の違いとなって現れるのです。