愛車を手放すのに決算期前の売却が狙い目な理由とは

中古車買取の業界でも自動車販売のディーラーが決算期を迎えた時期は売却を見合わせた方がいいのが常識です。

 

マイカーをどのタイミングで売るのかと通ずるテーマですが、結論から言うと決算期前に焦点を合わせて売却を考えるのがおすすめです。

 

では、どうして決算期に中古車を買い取りしてもらうのはやめるべきなのでしょうか?

 

自動車販売関連のディーラーのセールスマンに大きなノルマがのしかかるのが決算期です。

 

3月の決算期、そして9月の中間決算期はディーラー側ができるだけ売り上げを伸ばしたい時期に当たります。

 

したがって、年間2回の決算期の直前はできるだけ販売できる車の在庫を抱えておきたいのがディーラーの本音です。

 

とくに3月や9月は転勤や異動などをはじめ卒業・入学シーズンとも重なります。

 

車を買おうという消費者のニーズもぐんと高まりますので自動車販売ディーラーとしてもそのタイミングを逃したくはありません。

 

これをひるがえって考えれば、在庫になる私たちマイカーを売却するのに好都合なタイミングです。

 

人気の車種やカラーになればなるほど決算期にどんどん動きが活発になるため、事前に見越してできるだけ買取をしておく傾向が強まります。

 

市場で人気の高い車は同業他社も狙っていますので、ある程度売り手から強気に出られてもそのまま買取をするケースも多くなるのです。

 

中古車買取業者の決算期の前月にあわせるといっても自動車には重量税との兼ね合いも気にしなければなりません。

 

重量税の納付は3月に決定しますので、その月内に売却がマッチしてしまうと重量税のコストがかかってきます。

 

これは重量税といった自動車関連の税金の制度上、年度末は注意が必要です。

 

普通車はもちろんですが大型車などの重量税は大きな負担になりますので、決算期と年度のどちらも考えれば2月までに売ってしまうことがベストです。

 

ただし、決算期前で在庫を確保したい買取業者の中には重量税もフォローしているところもあります。

 

車種によって重量税の税額は違いますが、ちょっとした金額であっても損することなく次の購入者の資金に充当できればお得になります。

 

このように決算期を知ってマイカーの売却を考えることはこちらの条件をすんなり受け入れやすくする重要なコツでもあります。

 

セールスマンができるだけ売りたいタイミングを捉えて、先回りすることで大切な愛車を確実に有利な条件で売却できます。