中古車査定に潜んでいる意外な罠を徹底究明

自動車を売却する時には、必ず査定を受けます。

 

実は、素の査定に大きな問題が潜んでいるのです。

 

罠といっても良いものがあるので、詳しく解説します。

 

自動車を適切な価格で売却するためにも必要な知識になりますよ。

 

 

■買い取り業者によって価格に違いが出てくる

 

確かに、自動車の価値といったものは基本的に同じ判断基準であらわされます。

 

車種の人気や走行距離、年数になります。

 

しかし、実際にいくつかの買い取り業者で査定を受ければわかってくると思いますが、出される金額にはかなりの差があります。

 

50万円で査定されることもあれ、80万円を掲示してくれる業者もあるのです。

 

・複数業者の査定を受けるべき

 

1つの業者で決めてしまわないでください。少なくても3社の見積もりを取るべきです。

 

そうすれば、自分お自動車の大体の相場が見えてきます。その上で、最も高く評価してくれた業者に売却すべきです。

 

 

■下取りと買い取りのどちらがお得なのか?

 

一般的に下取りのほうがお得と考えられているケースが多いです。

 

・下取りとは・・・売却する店舗で新しく自動車を購入し、売却査定価格から購入価格を差し引かれるシステムの取引のこと

 

たとえば、買取査定価格が20万円と出た場合、新しく購入する自動車が180万円であれば、その20万円を差し引いて新しい自動車を160万円で購入できる方法になります。

 

店舗側と買取査定額と購入額の二つが交渉できるといったメリットがあるので、お得とみなされる機会が実際に多いのです。

 

しかし、実際としては、そんなに単純なわけではありません。

 

そもそも、下取りサービスを行っているところは、買取でも売却でも儲けられるのです。

 

ですから、交渉に応じてくれるのも当然です。

 

買い取りだけを行っている業者に自動車を売却したとしても、同じようなメリットは受けられます。

 

買い取り専門業者に対して買取査定額の交渉を行いましょう。

 

さらに、新しく自動車を購入するのであれば、そちらの業者でも購入価格を交渉すればいいだけです。

 

必ずしも下取りサービスが有利になるとは限りませんよ。

 

 

■雨の日や夜に査定を受けると得になる、はウソである!

 

雨の日や夜に査定を受けに行くと、暗い中で自動車の査定を業者は行います。

 

ですから、傷跡などが見逃されるのではないか、といったことを期待している方も少なくないのです。

 

・特殊なライトを使って傷を確認する

 

たとえ、雨の日や夜に査定を受けたとしても、ライトを当てられてしまえば、細かい傷までしっかりと確認できてしまいます。

 

暗い天候の時に査定を受ければ高く買い取ってもらえる、といったことはないのです。