自動車の売却豆知識|自宅以外で自動車を引き取ってもらえるの?

自動車を売却して引き取ってもらうことについてですが、自宅を想定している方も多いと思います。

 

しかし、実際には、会社で利用している自動車は会社にありますよね。

 

また、自宅に駐車場がない場合には、契約している駐車場に停めているはずです。

 

そちらにある自動車も引き取ってくれるのかについて解説します。

 

 

■牽引車が訪問できるところまで対応してもらえる!

 

自宅以外であろうと基本的に引き取ってもらえます。

 

動かなくなってしまった自動車の場合は、牽引車などが対応してくれることになります。

 

ですから、牽引車が訪問できるところまでは、引き取ってもらえるわけです。

 

特に、会社の敷地に泊まっている会社の自動車を処分したいと思っている方は少なくありません。

 

その時に注意してほしい点が一つだけあります。

 

・お願いする業者の対応地域をチェックすること

 

全国的に対応してくれる大手ばかりではありません。

 

対応してくれる地域を事前に決めている業者が基本的に多いです。

 

まずは対応する地域をチェックしたうえで、お願いするかを決定してください。

 

 

■自動車の処分について

 

自動車を引き取ってもらうということは、基本的に不動車や車検が切れてしまっているようなタイプの車が多いと思います。

 

廃車にしてもらうほかない、と思っているのではありませんか。

 

しかし、査定をしてもらう前に自己判断してしまうのは少しもったいないです。

 

自分では価値がないと思っている自動車であっても、買い取り額が付く場合もあるんですよ。

 

面倒に感じるかもしれませんが、まずは買取サービスを行っている業者に連絡して査定をお願いしてみましょう。

 

 

・不動車であってもパーツに価値がある場合も

 

自動車には様々なパーツがついています。

 

不動車の場合は、エンジンなどに問題があって動かなくなっている可能性が非常に高いです。

 

しかし、その他のパーツには何の問題がない場合も少なくありません。

 

中には、人気の高いパーツが含まれている例だってあるのです。

 

パーツの価値が見いだされると、それほど高くはありませんが30,000円から40,000円程度の値段が付いたケースも少なくありません。

 

・10年以上たっているケースでも価値が付く場合もある

 

自動車は8年程度経つと、価値がなくなるとされています。

 

10年以上経てば、値段がつかないのも致し方ない、と感じてしまうのも当然かもしれません。

 

しかし、日本車は世界的に非常に人気が高いです。

 

海外に販路を持っている業者であれば、10年以上経っている自動車でも価格を出してくれる可能性はあるんですよ。

 

あきらめずに査定を受けてみませんか。