自動車の査定交渉はホーム(家)に来てもらおう

自動車を売却する時には、査定金額をしっかりと出してもらう必要があります。

 

基本的に、持ち込んで査定してもらう方法と、自宅まで出張査定してもらう方法があります。

 

ホーム(家)に来てもらって査定してもらう方がお得になるわけですが、こちらではその理由について詳しく解説します。

 

そろそろ自動車を売却しようと考えていた方は必見ですよ。

 

 

■自分のペースで交渉ができる

 

店舗に行ってしまうと、まさに相手のホームであり、自分にとってはアウェーとなります。

 

これでは有利な交渉は全くできません。

 

特に多くの方が、忙しく働いている他のスタッフさんの状況を見て気兼ねしてしまい、交渉に力を入れられない、といったことが起こっているのです。

 

これは大きな問題にも発展する部分なので、特に気が弱い方は注意しなければなりません。

 

一方で、自宅であれば、1対1で心置きなくお話しできるのです。

 

自動車の評価についてもしっかりと質問できます。

 

どういった部分が評価され、どういった部分が評価されなかったのか、といったことも確認できます。

 

 

■出張査定の注意点

 

・無料で出張してくれるのか調べておくべき

 

出張査定については、必ず無料になるわけではありません。

 

地域によって無料出張査定してくれるか、無料出張査定になるかが決まってきます。

 

なるべく近場の業者に対して査定を依頼しましょう。そうすれば無料査定になるはずです。

 

■交渉を成功させるための準備について

 

家に出張査定しに来てもらったとしても、交渉材料がなければ定額をアップしてもらうことは出来ません。

 

最低限の知識を持って交渉に臨むべきです。

 

自動車雑誌を見るのも良いですし、インターネットで自動車の買取査定の知識を得るのもおすすめです。

 

しかし、実は最も良い準備法があります。

 

・自動車査定一括見積もりサービスを利用する

 

インターネットに一括見積もりサービスを行っているホームページがあります。

 

そちらに必要事項を記入して査定を申し込みます。そうすると、様々な業者の見積もりを出してもらえるのです。

 

一括見積サービスを利用すれば、自動車の大体の売却相場が見えてきます。

 

相場が分からなければ、出張査定に来てもらったとしても、掲示された金額が適切な金額であるのか、そうでもないのかはよく分かりません。

 

判断材料さえないわけです。

 

・一括見積もりサービスの注意点

 

サービスを利用すると、様々な買取業者から電話連絡があると思います。

 

電話連絡がいやであるなら、なるべくメールでの問い合わせにしてくれるようにお願いしておくのがおすすめです。