買取りのタイミングを合わせることで高額査定に!

自動車ですが、売る時期によって価格には大きな差が出ます。

 

少しでも高く売るためにも、正しい買取のタイミングについてお話します。

 

高額査定をしてもらうための一つの方法として、注目してもらいたいです。

 

 

 

■基本的な考え方

 

・即断即決が高額査定へ

 

自動車を売る時ですが、売りたいと思った時が売り時と思ってください。

 

自動車の価値は、少しずつ下がる傾向にあります。

 

時間が経ってしまえばしまうほど、査定額は期待できないのです。

 

価格の下がり具合ですが、ひと月あたり数万円になります。

 

高級車の場合は特に値下がり率が激しいので注意しましょう。

 

 

 

・簡単な計算方法

 

新車の購入代金の80パーセントが購入直後の自動車の価値になります。

 

それを6年程度で減価償却することで、現状の価格を簡単ではありますが確認できます。

 

《計算式:自動車購入価格×0.8÷72か月(6年)×経過月数=償却額》

 

 

 

仮に100万円の自動車が購入から1年(12ヶ月)経っていたら、13万円強が消却額です。

 

その額を自動車購入価格の80パーセントからマイナスすると、66万円強と計算できます。

 

これが現状の自動車の価値となりますよ。

 

ただ、あくまで基準の一つに過ぎません。

 

走行距離やボディなどの傷などによっても価格は大きく左右されます。

 

 

 

■1年ごとにやってくる自動車の売り時とは?

 

・2月から3月にかけて

 

新社会人などが出てくる4月前後は最も自動車が売れる時期となります。

 

その時期に合わせて売却することで、高い査定が出やすくなります。

 

中古車販売店としても、たくさんの在庫を用意するのが必要な時期です。

 

売ってもらおうと高値を出しやすくなるので、チャンスの時期と言えます。

 

 

 

・大型連休の直前もお勧め

 

ゴールデンウィーク前、お盆前、年末年始前、これらの時期も高値で査定される可能性は高いです。

 

多くの方が中古車販売店へ足を運び、自動車を購入する時期の直前となるからです。

 

 

 

・ボーナスシーズン前も見逃せない

 

6月から7月にかけて、12月から1月にかけて、以上の二つの時期についても高額査定が出やすいです。

 

消費者はボーナスが出たことで財布のヒモが緩くなり、大きな買い物の決断もしやすくなります。

 

 

 

■自動車のタイプによる売り時

 

・オープンカー・・・春と秋

 

・ワンボックスカー・・・夏

 

・4WD・・・冬

 

大まかではありますが、以上のような時期に売却するのもおすすめです。

 

ちなみに、コンパクトカーは現状で一番人気になっており、時期に関係なく高値で売却しやすくなっています。