パーツの査定額について|純正の方が高く売れるのか?

自動車に凝っている方はかなり多いです。

 

様々なパーツを付けて、自分の思い通りのデザインにしている例も少なくありません。

 

ちょっとした改造をしている方が気になってくるのが、社外品パーツになります。

 

純正のパーツと社外品パーツのどちらの方が実際に高く売れるのでしょうか。詳しく解説します。

 

 

■プラスになることもマイナスになることもある

 

そもそも、パーツによって価値が異なってくることもあります。

 

基本的には、純正パーツのほうが査定額は有利になるといわれています。

 

しかし、価値が高い社外品パーツもあるわけです。

 

価値が高ければ、純正よりも高く査定される可能性はあれいます。

 

 

■売却する場所によってパーツの査定の金額は大きく変化する

 

・ディーラーに売却する場合

 

ディーラーについては、基本的に純正パーツを高く査定します。

 

メーカーごとに自動車を取り扱っているので、お客さんについてもそのメーカーの自動車を購入しに来ているわけなのです。

 

どうしても社外品パーツには価格が付きにくくなります。

 

・改造車などを取り扱っている業者に売却する場合

 

かえって社外品パーツのほうを高く査定してくれる可能性が高いです。

 

また、自動車自体に値段がつかなくてもパーツに価値があると判断したら、自動車も含めて一括して買い取ってくれるケースもあるほどです。

 

社外品パーツを利用している自動車を売却するのであれば、自動車ファンが集まるようなショップに売却すべきです。

 

・複数の業者に査定してもらうこと

 

どこが社外品パーツを高く評価してくれるのかは分かりにくいと思います。

 

できれば、複数の業者に査定してもらいましょう。

 

そうすれば、社外品パーツを高く評価してくれる業者を見つけやすいです。

 

 

■純正パーツの取り扱いに注意しよう

 

自動車を改造することは悪い事ではありません。

 

法にのっとった改造はそもそもできます。

 

ただ、社外品パーツを利用した時に外した純正パーツはどうしているでしょうか。

 

中には処分してしまっている方も少なくありません。実はそれが問題です。

 

純正パーツは、高く評価されることもあるわけです。

 

処分しないで保存しておきましょう。

 

保存についても気を使うべきです。

 

綺麗な状態でなければ、プラス評価をしてくれない可能性もあります。

 

汚れが付かないように、純正パーツについては、しっかりとカバーを付けたうえで保管しましょう。

 

「基本的に純正パーツがなくなっていればマイナス査定になる」

 

このことを覚えて改造しましょう。

 

自動車ファンは、自動車を売却するケースが多いですよね。

 

3年や4年に1回は必ず買い換えている方もいるほどです。

 

少しでも高く評価されるためにも、純正パーツの取り扱いには注意してください。