車のボディカラーと査定金額の関連性を徹底解説

自動車には様々なボディカラーがあります。

 

自分の好きな色の自動車に乗っている方も少なくありません。

 

実は、ボディカラーは売るときに重要な役割を果たしています。

 

こちらでは、どんなボディカラーの自動車は高く査定され、どんなボディカラーの自動車が低く査定されてしまうのかについて詳しくお話しします。

 

特に、定期的に自動車を乗り換えている方は、有利に乗り換えるためにも必見の情報ですよ。

 

 

■高い査定額が出やすいボディカラーについて

 

・ホワイト系(白)
・ブラック系(黒)
・シルバー系(銀)

 

よく見かける自動車のカラーが高く評価されるのが空かると思います。

 

非常に乗りやすい色合いと言っても良いかもしれません。

 

そもそも、ホワイト・ブラック・シルバーのそれぞれの色が苦手といった方はなかなかいませんよね。

 

嫌われにくい色だからこそ、高く査定されるのです。

 

・高級車になればなるほど人気色は高額になる

 

高級車を購入する方はこだわりが強い方も多く、奇抜なカラーにしてしまう方もいます。

 

実際にそういったものが多いので、人気色の自動車が特に求められるといった傾向が出ているのです。

 

高級車を購入する予定のあり、将来的に売却すると思っている方は、なるべく人気色を選びましょう。

 

※スポーツカーの中には、フェラーリのようにイメージカラー(フェラーリの場合はレッド(赤))が定着している場合もあります。

 

その場合は、人気色は関係なくイメージカラーのほうが高評価を受けやすいです。

 

 

■低い査定が出てしまいやすいボディカラーとは

 

・オレンジ系(橙)
・パープル系(紫)
・イエロー系(黄色)など

 

奇抜に見えてしまう色合いについては、どうしても低価格になってしまいます。

 

そもそも買い手が付きにくくなってしまうのです。

 

前述したような、高額査定が出やすい自動車に比べて買い手が圧倒的に少なくなってしまいます。

 

ボディカラーは思ったよりも査定に大きく響くので、購入する時は注意してください。

 

・色を塗りなおしたら高額査定になるのか?

 

あまり期待できません。

 

確かに、色的には人気色にはなります。

 

しかし、純正カラーではないので、低い評価を受けてしまう可能性が高いのです。

 

思ったように高額査定を引き出せるわけではありません。

 

仮に高額査定を引き出せたとしても、塗装にかかった費用よりもアップする見込みはほとんどないのです。

 

不人気色の自動車にすでに乗っている場合には、そのままの状態で売りに出してください。

 

多少査定額が下がってしまうのも致し方ありません。