高額査定のコツ!業者の言い値で決めるのはまだ早い

業者の言った通りの値段で自動車を売ってしまっていませんか。

 

それでは損している可能性が高いです。

 

高額査定のコツには、業者の言い値では売らない、といったものがあります。

 

詳しく解説するので、実際に自動車査定を受けた時に実践してもらえたら幸いです。

 

 

■複数の業者から査定してもらおう

 

1つの業者だけで売るかを判断してしまうほど危険なものはありません。

 

1社だけでは、その業者が出してくれた査定額が適切なものであったのかの判断もできません。

 

安く買いたたかれてしまっていることもありえます。

 

・効率的に複数の業者から査定してもらう方法

 

1社1社自動車を持ちこんで査定をしてもらうのは、非常に大変なことです。

 

近くに買い取りサービスを行っている業者がたくさんあればいいですが、そんなに都合よく事は運びません。

 

複数の業者に対して効率的に査定してもらう方法として注目してほしいのが、インターネットからの一括審査申込みです。

 

複数の買取業者に対して、一括して審査申込みができるといったものになります。

 

特に難しいものではなく、実際に利用している方も多数います。

 

利用にお金がかかるわけではありません。

 

それでいて、1回の申し込みで5社や10社から査定してもらえるのです。

 

もちろん、実際に見て査定するわけではないので、確実にその値段で買い取ってくれるわけではありませんが、売るときの相場も見えてくるわけです。

 

業者の言い値で購入してしまわないためにも、ちょっとした手間かもしれませんが利用しましょう。

 

 

■業者の買い取り査定額にはまだ余裕があると考えるべき

 

自動車の買い取り業者は、利益が出ると踏んであなたの自動車を査定して金額を出しているのです。

 

そして最初の掲示額は、下位取り業者側が「十分に利益が出る」と予想した金額になります。

 

いわば余裕がある状態なのです。そのまま契約をしてしまってはもったいないですよ。

 

・交渉をしてみよう

 

買取査定額の交渉ですが、してはいけないと決まっているものではありません。

 

査定額に納得がいかないので、交渉するといったことは当たり前の行為です。

 

最低限理解してほしいのが、相手も利益がないと判断した額を掲示されれば交渉に応じない、といったことです。

 

相手も利益が出るギリギリの金額を責める必要があります。

 

的確な金額を掲示するためには、前述した複数の業者に査定してもらう方法を利用するほかありません。

 

複数の業者の査定額を把握できれば、どのくらいの額までは値段を上げても大丈夫かが見えてくると思います。