自動車売却と購入時の注意点|代車は貸してくれるのか?

自動車の売却と購入をほぼ同時にする方がほとんどだと思います。

 

ちょうど日程を合わせられれば、代車の必要性はありません。

 

しかし、売却と購入の日程がうまく合わないことも十分に考えられるのです。

 

仮に売却だけ早く済んでしまい、納車される時期が遅れてしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

 

こちらでは代車が利用できるのかについて詳しく解説します。

 

 

■購入と売却を一つの業者で行う場合

 

・代車を用意してくれる可能性あり

 

自動車の売却と購入を一つの業者で行った場合には、高い確率で代車の利用が可能です。

 

しかも、ガリバーといったような大手であれば、無料で提供してくれる可能性もあります。

 

自動車の準備が間に合わない、といった業者側の都合がある場合も実際にあるのです。

 

そんな時には、業者としてもしっかりと対応しなければなりません。

 

・注意点

 

業者と言っても代車には限りがあります。

 

仮に同じ業者で売却と購入を行っていたとしても、すでに代車が利用者で埋まってしまっている場合には、対応してくれない可能性もあります。

 

事前に話を通しておいて、代車が利用できるように手をまわしておくことも大事です。

 

 

■購入する店舗と売却する店舗が別々の場合

 

・自動車を購入する店舗で代車を依頼する

 

売却する業者に代車を頼んでも用意してくれない可能性が高いです。

 

なるべく購入する業者に代車を依頼してみましょう。

 

無料で提供してくれる可能性もあります。

 

ただし、有料サービスとなってしまうこともあるので、事前に調べておく必要がありますよ。

 

・買い取り業者が代車を用意しているかを確認する方法

 

契約前に必ず話を聞いておきましょう。

 

納車されるまでにタイムラグがある、といったことを事前に把握しているのであれば、その場で契約してしまっても構いません。

 

 

■代車の利用前に確かめておきたいこと

 

・代車を貸し出してくれるサービスがあるか
・代車サービスの費用は無料か、それとも有料か
・代車を貸し出してもらえる期間はどれくらいまでか

 

以上の3点については必ず確認してください。

 

費用については、基本的には無料が多いので気にしなくても良いかもしれませんが、すべての業者が無料サービスをしているわけではありません。

 

レンタカーを利用したほうが安かった、といったことにはならないように注意しましょう。

 

期間についても重要です。

 

納車されるまでの期間を対応してくれるのかは必ずチェックしてください。

 

期間設定が厳密に設けられている業者もあります。

 

基本的に1週間から2週間以内には納車されると思います。

 

一方で、1ヶ月もかかってしまうとなれば対応できない可能性も出てくるので注意しましょう。