自動車を一括査定したい方必見!最大でいくつまで申し込める?

自動車を売却したい時に、特に重要視してほしいのが査定になります。

 

少しでも大きな金額で売却したいと思うものですが、査定を受けなければ自分の自動車がいくらで売れるのかも判別できませんよね。

 

そこでおすすめになるのが一括査定です。

 

様々なメリットがありますので、いくつか解説させてもらいます。

 

 

 

■多くの業者に同時に申し込める

 

一般の買い取り店に持ち込む場合には、1社ごとに申し込む必要があります。

 

5社の査定を受けるなら、少なくても5カ所は廻らなければいけません。

 

非常に手間もかかりますし、1日では終わらない事もあります。

 

1週間や2週間かかってしまうケースも多いです。

 

 

 

・オンライン一括査定の場合

 

たった一度の申し込みで多くの買取業者の査定金額を知ることができます。

 

利用する一括査定サイトにもよりますが、最大で10社以上に同意時に申し込めるケースもあります。

 

 

 

《最大一括査定申し込み数例について》

 

・R社:最大11社

 

・K社:最大30社

 

・H社:最大10社

 

・KH社:最大10社

 

・I社:最大7社

 

・KV社:最大8社

 

・Z社:最大10社

 

 

 

全体で気に10社前後が多いですが、中には最大で30社の査定を受けられることもあります。

 

実際にそれだけの業者を自分の足でまわることは難しいですよね。

 

 

 

※注意点

 

あくまで最大の申し込み可能数になります。

 

仮に最大10社となっても、実際に申し込みできる会社が2社や3社になってしまうこともあります。

 

お住まいの地域に対応している業者が少ない場合には、一括査定が有効に活用できないかもしれません。

 

 

 

■売却の相場が分かる

 

自分の自動車の売却価格の相場が分かれば、査定を受けた時にその金額が適正なものなのか、それとも低いのかがよく分かります。

 

相場をすぐに理解できるのが、一括査定の良さです。

 

 

 

《査定価格例》

 

・A社:70万円

 

・B社:105万円

 

・C社:65万円

 

・D社:95万円

 

 

 

以上のような結果が出たら、すべてを足して業者数で割れば相場が確認できます。

 

上記の場合は、83万7,500円となります。

 

その数字よりも実際に高い査定を受けられたらお得、低い査定を受けたら損と大まかではありますが判断可能です。

 

 

 

・最も高い業者に売ることも可能

 

上記の査定価格例の場合、最低価格は65万円で最高価格は105万円です。

 

40万円も開きがあります。

 

実際にそのくらいの差は往々にしてあるものです。

 

最も高い業者に売ることができればそれだけ得することにもつながります。