自動車の買い取りサービスは即決してはいけない

自動車を売るときに即決してしまった経験はありませんか。

 

すぐに決めてしまうのは、かなり危険なことになります。

 

即決をしてはいけないのです。

 

こちらでは、なぜすぐに売却を決めてはいけないのかを解説します。

 

慎重にするべき理由が実際にあるのです。

 

 

■即決した業者が有利な条件で買い取ってくれるとは限らない

 

即決ということは、1社にしか査定をしてもらっていないはずです。

 

これは最もいけない事です。

 

1社のみであった場合には、本当に適正な査定をしてくれたのかは分かりませんよね。

 

適性な査定をしてくれるかを判断するためには、複数の業者に対して査定を依頼するほかありません。

 

高額買い取りを目指すのであれば、そもそも即決する、なんてことはあり得ないのです。

 

複数業者に査定を依頼する場合には、おすすめのサービスもあります。

 

・一括査定サービスを利用すべき

 

自動車の買取サービスを行っている業者に対して、一括見積もりをしてくれるように頼みます。

 

インターネットから簡単に申し込みができます。

 

必要事項を記入して申し込みを行えば、あとで業者側から電話連絡があって自動車を情報を伝えると査定してくれるのです。

 

一度に複数の業者の見積もりが取れるので時間の短縮にもつながります。

 

 

■査定士に焦っているのを感じとられてしまう

 

即決するといった雰囲気は絶対に出さないでください。

 

相手もビジネスとして査定しているので、少しでも安く買い取りたいのです。

 

即決するといった雰囲気を出してしまうと、わざと安い査定額を出してくる可能性も捨てきれません。

 

「良い査定額が出たら買い取りを考える」

 

このように考えて臨むのが一番です。

 

ある程度は余裕を持った状態で査定を受けましょう。

 

 

■即決しないようにするための心がけ

 

・交渉条件を用意しておくこと

 

最も簡単なのは、自分の自動車のアピールポイントを探し出しておくことです。

 

大事に乗っているのであれば、ボディに傷も少ないはずです。

 

オプションにこだわっているのであれば、オプションの評価について交渉をしてみましょう。

 

アピールポイントがない自動車は、相手の言いなりになってしまいやすく、実際に即決せざるをえない状態になりやすいので注意してください。

 

・他社の見積額を交渉材料にすること

 

複数の業者の見積もりを用意しておくこともおすすめです。

 

特定の業者名を出して、そこの見積額よりも低いといったことを伝えてみましょう。

 

説得力のある交渉の武器にもなりますよ。

 

前述した一括見積もりを利用しておくと、かなり強力な武器を得られるかもしれませんね。