自動車買取の査定額ってどこも同じ?買取の基準について

自動車を手放す時に考えるのが、査定額はどこの買い取り業者でも同じであるのか、ということです。

 

結論から言えば違いますが、どのように差が生まれるのかについて解説します。

 

 

 

■基本的な価格の基準

 

・オートオークション

 

基本的な価格の決め方は、どの業者でも同じになります。

 

業者間で行われている“オートオークション”というものがあります。

 

自動車買い取り専門業者が出店をし、中古車販売店が購入するシステムになります。

 

 

 

一般の方は参加できない業者間専門のオークションです。

 

そちらで付いた価格をもとにして買い取り価格が設定されます。

 

ただ、そのままというわけではありませんで、オートオークションの価格を基準にそれぞれの業者の考えを加え価格が設定されることになります。

 

 

 

■走行距離や傷について

 

・走行距離と査定価格

 

長い距離を走っている自動車については、価格があまり付かないです。

 

故障のリスクが高いと判断されるからです。

 

基準の数字としては、年間で10,000キロ程度です。

 

3年乗った自動車で30,000キロ以下なら高評価、30,000キロを超えていれば低評価との大まかな判断ができます。

 

 

 

・傷と査定価格

 

ボディについた傷は、見た目にも大きく関わるので低評価になります。

 

傷が深かったり大きかったりすればさらに低評価になります。

 

ちなみに浅い傷であれば、カーショップで対応できる溶剤が売られていますので、そちらを利用してから査定を受けるのもおすすめです。

 

大きな傷については自動車工場で直してから売却したほうが良いのでは、と考えてしまうところですが、査定額の上乗せよりも修理価格が高くつくことが多いのでそのままの状態で売却するべきです。

 

 

・自動車工場が併設されている業者がおすすめ

 

傷が深い場合には、自動車工場が付いている買い取り業者を利用しましょう。

 

傷のマイナス査定が少なく済むケースが多いです。

 

彼らなら傷は自分たちで直せるので、人件費を浮かせることができるのです。

 

 

 

■オプションパーツについて

 

・専門性の高い買い取り店へ

 

オプションパーツは買い取り店によって判断が分かれます。

 

高評価する業者もあれば、低評価となることもあります。

 

社外パーツを高評価してくれる専門性が高い業者への売却を検討すべきです。

 

 

 

■外車について

 

・外車を専門的に取り扱う業者へ

 

国産車ばかりを取り扱う買い取り業者に外車を持ちこんでも、買い取り価格は全く期待できません。

 

外車を多く取り扱う買い取り業者を探して利用しましょう。

 

 

 

以前、外車は値段が付かないとの印象もありましたが、最近では大きく状況が変化しました。

 

燃費が良いものも多いですし、故障しにくい車種も増えてきました。

 

以前よりも高い金額で取引されるケースが増えてきたので、高額にて売却できるチャンスは広がっています。